忍者ブログ
我が家のイタリアングレイハウンド、日々の暮らし         .
カレンダー
08 2016/09 10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
CARINO VITA管理人、
jujuです。
コメント以外の連絡は
本館 cucciola*chu!chu!
contactよりお願い致します。
cucciola-chu-chu.com


Safari、Firefox、Google Chrome、には対応しておりませんので操作しにくいかと思いますが、動作確認しております。

過去BLOG
carino vita



..............................................................


mies
Italian Grayhound
Famel
Black

pecchia
Italian Grayhound
Famel
Blue




Online
twitter
バーコード

携帯からもチェック出来るよ
最新コメント
[10/24 maicomic]
[10/23 maicomic]
[10/23 はな]
[10/15 はな]
[09/30 はな]
[04/08 はな]
[09/29 じゅんじゅん]
[08/13 はな]
[05/29 kurin]
[05/02 Yoriko]
[04/21 デヴィママ]
[04/08 はな]
Gallery


ブログ内検索
最新トラックバック
記事に関連の無い内容のトラックバックは 削除させていただきますのでご了承ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/09/28(Wed) 02:11:36

ミースの歯のつづき。


先月末にミースは歯の手術をしました。
今まで歯科治療を受けていたK動物病院とは別の病院です。

2012年秋に、K動物病院を受診し歯周病の手術になった訳ですが、その時に5本の歯を抜歯。
残りの歯は大事にして行こうと、毎日の歯磨きは、なだめすかしながら頑張りました。
爪切り、歯磨き、お風呂、耳掃除、洋服、、、、
数え上げたらキリがないほど、自由犬のミースは、何をされるのも大騒ぎ。

しかし、術後の検診に半年に一度ほど通っていましたが、残っていた前歯の1本がぐらぐら。
2014年10月10日に行った検診の時に先生にぐらぐらなことを伝えたところ、「家で抜いても良かったのに。」と言われました。
そして「じゃあ抜いちゃいますね。」と言われ処置室へ。
局部麻酔するのかなと思いつつ、「家で…」と言われたので、まさかそのまま抜くの?と。
案の定、そのまま抜いたようです。
今までの検診でも、スケーリングはもちろん手術以外で麻酔は使いませんでした。
私の知識不足でもあります。
病院の先生がすることなのでそれでも平気だと思っていました。

それが下記(2014.10.22)の記事。
先生は「炎症や膿瘍は考えにくいから、腫瘍じゃないか。」と仰っていたけど、
高確率でその抜歯が影響しての腫れだと思っています。
だって抗生物質で腫れ引いたし。
先生も「腫瘍じゃないか。」と言ってた割に何故抗生物質を指示したのか?



そんな訳で、不信感も拭えず、無駄な治療はしたくなかったので、歯科診療に力を入れている別病院での手術となりました。

サイトハウンドは麻酔が怖いと、情報だけが昔のまま取り残され、その呪縛から視野を見開かないと無麻酔治療を推奨する病院はいい病院だ!と言うことになりかねないことを、ミースの犠牲にやっと気が付きました。


先生は、麻酔は最小限に、鎮痛剤でコントロールしながら手術すると言っていました。





 ● 術後1日目(まだ腫れが残ってる。)



診察で視診したよりも、術前検査ではかなりの進行が発覚、手術時間も少々長引きました。
「歯磨きも相当痛かっただろう。」と先生が。
あの歯磨きの時のギャン鳴きは、演技でもなかったのね、、、と反省。
エリカラも3週間はこのまま。
帰ったその日はぐったりで食欲も全く無く。
ごはんも今は手で食べさせている状態。
最初の数日は、慣れないエリカラが邪魔で、ゴツゴツぶつかって冷や冷やし、かわいそうだったけど、今は慣れた様子。


これですっかりきれいになったので、後は治癒を待つばかり。


お散歩もしていいのだけど、臭い嗅ぎ魔のミースは、コンクリートの歩道をガリガリこすりながら歩くのでちょっと気になるし、うるさいし。
でも、外は大好きなので、ほどほどに好きにさせてます(笑



昨日の検診では、まだ深い傷が開く可能性もあり怖いので、安静の指示。

先生も言ってた。
腫瘍じゃないよと…
やっぱり。



みーちゃんお疲れさま。









PR
2015/05/09(Sat) 14:38:40
去年は順調だったペッキアの胃腸も、やはり寒くなってきてから調子が悪く、
(と言っても長引くことはないのだけれど。)
全然ごはんが食べれなくなったり、吐いたり、下痢したり、次の日には何とか回復するものだから、過剰に病院にかかるのもどうかと思い、元気だったし。
でもそんな日が頻繁に起こり、体重も減ってきていたので、近所のかかりつけへ。

便の検査もお願いしてみたけれど、何かに感染しているという訳ではなく、いつもの胃腸炎。
お薬も、ディアバスターとビオイムバスターを処方され、飲めばごはんもきちんと食べられる。
だからと言って、重症な病気でもないのにずっとお薬に頼る訳にはいかない。




いままでは歯の事を優先してしまいカリカリがメインにトッピング程度だったのだけど、体重もベストコンディション3.8㎏から、3.3㎏にまで落ちてしまったので、食べれる時にしっかり栄養をつけられて、弱った胃腸に負担がかからないもの、、、
グリーントライプ入りの缶詰にシフトしました。

ただ、、、最初食いつきは良かったのだけれど、慣れないせいかすぐにやめてしまい。
今も、嬉しそうにがっつり食べる時と、やっぱり調子悪い時はそれさえも見向きもせず。


ガリガリに骨皮すじ子になってしまって~(T_T)







あったかいとしあわせ♡






骨皮すじ子ちゃん。
3.3㎏。





これは、3.2㎏になっているけど、ちょっぴり看護婦さんが触っているから。








ただこんな状態が繰り返されるのはペッキアにとっていいことではないので、
一度精密検査を受けてみる予定。










2015/03/02(Mon) 19:16:47

本日はこんな感じ。

10月20日に受診し、抗生剤と消炎剤の注射をし、翌日には腫れは少し引きました。
その翌日からは、抗生剤ビクタスSSと消炎剤Metacamの錠剤を投与。
数字で計測できないので、どの位、とはっきりとは明言できませんが、
少しづつ、、、注射した翌日ほどの治まり具合ではないけれど、、、少しづつ腫れは引いています。






消炎剤は4日間の投与で、今朝終わったので、先生に今後の相談と現状の話を。
やはりかかりつけの先生は、奥歯歯根部の膿瘍の疑いを持っています。
まぁ、私的にも、抗生剤と消炎剤でここまで治まっていることから推察するに、
歯根部に原因があるように思います。
前回も書きましたが歯の先生は、
「歯周ポケットの数字は悪くなかったのでそこが原因での腫れの可能性はないと思う。」
と仰ってたので、現在服用中の抗生剤が終わったら、血液検査での判断は難しいため
レントゲンを撮る予定。

結局症状が治まってきている状況では何が原因か究明することが容易ではない。
でも、わずかでも腫瘍の疑いも捨てきれない。
もちろん膿瘍だったにしても、放っておけば悪化もありうるし。




でも、おかげさまで元気は有り余ってるらしく、昨夜もペッキアを挑発してみたり、
ごはんもパクパク完食、おやつもおねだり。


本日のミースも元気です。
朝の歯磨きで、お約束の延々のギャン鳴きと噛み付きは健在でした(笑





診察日記は付けているけれど、「何か自分の備忘録として画像と共に記録しておこう。」
と放置がちだったBLOGを活用してみましたが、、、思いのほか見てくれてる方も居て
びっくり!
インスタでのコメント、LINE、こちらへのメッセージ、みなさんありがとうございます。



















2014/10/24(Fri) 13:02:20

10月19日の夕方にミースの顔の右側が少し腫れていることに気が付き、
翌朝に様子を見てから病院にいくつもりでした。

次の日起きて確認したら、前日よりも腫れがひどくなっています。(下記写真)
触ると痛いのか、「キャン」と鳴きます。

思い当たる節、、、
食べ物(アレルギー?)、けが、歯磨き(歯茎を傷つけた?)自分では特にないのです。

10月10日に定期的な歯石クリーニングのためと、元々いい状態ではなかった歯を、
何とか一時だけでも残してもらっていた前歯がグラグラになっていたのでその抜歯も含め、近所の病院ではない、歯でお世話になっている病院に行き、いつものクリーニングと、案の定「この歯は抜きますよ。」と言われたので抜歯と抜けた後の歯茎の中の洗浄消毒を。
診察室で待っていると、1度「「ギャン!」とありましたので、抜いた時かと思いきや、終了後に先生から「鳴いたのは歯茎の中を消毒した時でした。」と。
その時は、歯を抜いたこともありましたので、クリンダマイシンと言う歯用の抗生物質を
4日間(10日~13日)服用させました。
その後5日間私が気づく範囲では何も変わった事はなく、こちらとしては突然の腫れ。
食欲も元気もありました。
ただひとつ思い返して気になる事と言えば、腫れる前、、、2~3日前からだったかな?
右に歯ブラシを入れるとすごく嫌がりました。
でも、歯磨きは大っ嫌いで、いつも鳴き叫び格闘だし、左側を嫌がる時もあったのでさほど気にもせず。
いつもミースの歯磨きは、大したブラッシングもしてないけれど、5分はかかっちゃいます。





10月20日、朝確認してみると、更に腫れてました。
診察時間が始まったらまず、歯の病院へ電話で状況説明と確認。
先生曰く、
「奥歯の歯周ポケットはそんなに深くなかったので、そこからの炎症、膿瘍、とは考えにくい。」
「アレルギーかもしくは腫瘍か?」との事。
「家が少々遠いので、近所のかかりつけで、抗生物質のクリンダマイシンをもらって
服用させて様子を見てください。」

アレルギーって片側だけこんなに腫れることもあるの?(私は少々疑問。)

こちらでの確認が終わったので、近所のかかりつけ病院へ。
こちらでも状況を説明し、診察してもらい、歯で通院している病院から言われましたので、この薬を処方して欲しい旨伝えました。
こちらの先生はやはり目の下が腫れているので、眼窩下膿瘍の疑いです。
「歯を抜いた時の炎症じゃないですか?」と。


抗生物質と抗炎症剤の注射を2本。
とりあえずクリンダマイシンの常備は無いようでしたので、
飲み薬として抗生物質ビクタスSS1日1回1錠10日分と抗炎症剤Metacamを1日1回半錠4日分。

注射をした翌朝、前日より腫れは引いていました。
そして今日は、昨日の腫れとさほど変わり映え無いように思います。

炎症、膿瘍だったとしても、この薬で無くなるわけでもなく、
腫瘍だったにしても同じこと。
何故腫れたのか?その原因は何なのか?今後どのようにして治療するのか?


状況に合わせた3か所の病院に行ってますが、このような時見解が同じなら問題ないのですが、本当に悩みます。





大切なこの子ももう11歳。
ずっと元気にいて欲しいけど。

思わず涙がぽろり(~_~;)

2014/10/22(Wed) 13:59:41
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com